ツボサン 硬度チェック 自己流判定

判定が意外と難しい

ツボサンの硬度チェック
数か月前に購入し、焼き入れ具合や興味で工具の硬さを知るのに使ってます。

カバー内側に使い方が書かれています。

実際やってみると、この方法だけでは判別しにくいです。

硬さがかけ離れていれば掛かっているのか手応えでわかりますが
テスター一本分の差だと悩むことがあります。

見た目ではどうかというと
表面の前処理として、ダイヤモンドやすりはもちろん、油砥石を使ったりと試しましたが
被削材の方が硬くてもヤスリ跡を越える際に圧痕として細かい潰れ傷が着いてしまい、
掛かっているのか、圧痕なのかわかり難いというのもありました。

行き着いた方法(あくまでも自己流)

ダイヤモンドやすりでヤスリ目がきれいに面に出るまでやする。
鏡面だったとしてもヤスリ目をつける。(鏡面は他より硬い感じ)
それに横断する方向でHRC65から順に傷をつける。(力は一定で)
S45Cの未焼き入れ端材(黒皮は除いてある)の角でゴリゴリと圧を加えてこする。(ヤスリ目も薄くなる)
圧痕ならこれで見えなくなる。

この方法でマルチツールの鉄工用ブレードを試しました。(試験はちょっと右下向きの線)
左からHRC65、HRC60の線が見えます。
その右HRC55の中央は消えています。
この結果、HRC55弱と判定しました。

今度はebayで買った中華ハイス完成バイトを試してみました。

左からHRC65 HRC60 HRC55 HRC50 …
一見HRC60くらいかな?と思いますが、こすると

HRC55が残っています。
やっぱりという感じです。実は他の中華ハイスと比べても減りが早いと感じていました。

 

ネジ切りに使っているモノタロウの「完成バイト方形バイト コード07579381」は
スウェーデン鋼のSKH57をハイス専門50年の熱処理工場で処理したと謳っているだけあって
HRC65,60が残りました。
硬いとわかり難いですがHRC60位じゃないかと思います。
(端だったので切断の影響の可能性あり。)

↓Amazonは最小注文数が2からになっているので気を付けてください。(2018/09現在)

 

 

 

 

 

広告

広告