ディスクグラインダ SDG-100J 新興製作所

最近の一押しです。

早速ですが、このグラインダーのいいところをあげていこうと思います。

1.安い!

いきなりそこから入っちゃうのかい!と言われてしまいそうですが、コスパが凄いです。
値段を直接書くとAmazonに叱られちゃうので下のリンクの値段を参考にしてください。(アフェリエイトの都合上)
ちなみに、Amazonも値段は変動してます。


写真の砥石1枚と
取り外し工具、予備のブラシ1組が付属します。

2.持ちやすい!

グリップにイボイボがついてて地味に持ちやすいです。

でも、それより効いているのが、本体端っこの部分↓

少し絞ってあります。
これだけで持ちやすさがかなり変わります。

3.音が静か

といってもディスクグラインダーですので大音量には違いありません。
ですが、
ボッシュのPWS1に比べると結構違います。
例えるなら、ギャイーンとグイーンの違いです。
甲高い部分の音があきらかに減っています。(値段は倍くらい違うのに)

Amazonのレビューでも書かれていたので、個体差ではないようです。
ディスクをワークに当てている時でさえ、その違いがわかります。

これが意外と作業者(自分ですが)の疲れに影響しています。
イヤーマフすれば関係ありませんけどね。

それから、レビューなのであえて書きますと
OFFして惰性で回っているときは、ギアのバックラッシュによる音がちょっとうるさいです。

PWS1を後から買った人は、どこか壊れてる?と思うことでしょう。

4.ブラシ式である

消耗するとブラシ交換が必要になるのでデメリットと感じるかもしれませんが
実は大きなメリットがあります。
調光器、電力調整器 その類を使って回転数を変えられるのです。
BOSCHのPWS1はブラシ式ではなく、調光器の類は使えませんでした。

回転数を少し落とすと音が一段静かになります。
そして意外にも、数十パーセント落とすと、砥石の食いつきがよくなるのか
研削効率が上がるように感じました。

あんまり落としすぎると、モーターが焼ける可能性があるので注意です。

どんな調光器を使っているかは下の方にて。

 

5.スイッチの位置がいい!

好みの問題ですが。

ボッシュのスライドスイッチはOFFしやすいですが、どうも慣れません。

どちらもパワーは普通に強いです。

ついでに

最初に買ったボッシュのグラインダーPWS1 について
こちらはブログ記事にしていませんでした。
それは特筆すべき所が無いからです。

今回、ディスクグラインダを買い増した理由はこのPWS1を切断専用としたからです。

SK11のディスクグラインダースタンドに付けっぱなしです。
取り外すと垂直出しが面倒なのです。
各ネジサイズのタップが切ってあるジグを固定してあります。
ねじ切断専用機といってもいいかもしれません。

調光器

秋月電子の調光キット(25A)を使ってます。
位相制御式です。

作る手間はありますが、キットはたったの600円です。
放熱板+電源ケーブル+箱を含めても1000円ちょっとでできてます。
25A流せちゃうキットなので放熱板をつけましたが、
その辺の工具では熱くなることがほとんど無いので一緒に箱に入れちゃってます。

 

最後に
以前、新興製作所のドリルが壊れたことがありましたが
対応が良かったので今回も安心して買えました。おしまい。

 

広告

広告