溶接 自動遮光マスク 乾電池化

一次電池を充電してはいけません。

久々に溶接しようとおもったら
遮光マスクの電池切れをくらいました。

このマスクは2年前にAmazonで購入したもので
商品ページには充電式とあり、日に当てて充電しろとの文句もあります。
たしかに購入当初に動作が不安定で、陽に当てといたら使えた覚えがあります。

ということで2時間ほど日に当てましたが、数秒しか遮光してくれません。

バッテリーが過放電かな?と分解してみると、
なんと!入っていたのはCR2450とかいう充電しちゃいけないタイプのボタン電池!

一次電池でも実は充電できちゃうらしく、それを利用していたようです。
しかし、安全ではありません。(液漏れ、発熱の危険)

恐ろしき中華プロダクト…。

とりあえず、溶接したいので
自己責任で単3電池 2本(直列で3V)に交換してみました。

ちなみに、リチウム電池の充電可能なやつは3.3Vらしく
3Vで動作するかはわかりません。
ある意味、ラッキーだったかもしれません。

 

使うときだけ電池を入れることとし、
陽に当てないように気をつけることにします。

電池ボックスと配線はホットメルト接着剤で止めました。
汗が入らないよう、上面に接着。

ちなみに、遮光ユニットのモデルはWS1000Aでした。
同じのを使っている方はご注意を。

それから、明るいLEDライトでも中には遮光が働かないものもあるようなので
動作確認で故障と決めつけないように注意です。

広告

広告